目指せ世界一周!

リンクシンドローム

世界一周旅行の経路は地図だけで決めない

世界一周旅行の経路は地図だけを見て決めない方が良いです。隣国でのビザ取りが困難だったり、陸路でつながっているが陸路入国できなかったり、陸路で行けるが非常に交通の便が悪かったり、国境越えが混んでいて避けた方が良い場合もあるからです。

スムーズに世界一周旅行をしたかったら、地図の上でのアクセスのしやすさだけではなく、交通の便やビザなどの都合上、便利な経路を取るべきです。

例えば、タイとミャンマーは隣国で陸路続きですが、陸路での国境越えに障害があり、空路で行くのが普通です。どうせ空路で行くなら、タイからではなく、マレーシアやシンガポールからミャンマーに飛んでも大差がない場合が多いので、タイからミャンマーに行くという経路にこだわることもなくなります。また、インドへ行くためのビザは日本やタイでは取れますが、マレーシアではマレーシア居住者しか取れないという制限があります。このようなビザの制限にも注意して旅のスケジュールを立てることが大切です。

世界一周旅行に持っていく地図

世界一周旅行に持っていく地図はほとんどは電子データで持っていった方が良いです。すべての国の地図を持っていくとなると凄い重さになりますし、とてもかさばるので旅の負担になってしまいます。長期滞在の予定があるところだけ、地図を縮小コピーしたり、電子データを印刷して持っていくと良いです。また、有名な観光地に長期滞在していれば、観光者向けの無料地図を手に入れられる場合がほとんどなので、必ずしも紙のマップは持っていくことはありません。

また、滞在が終わった地域のマップはどんどん捨てていくことをおすすめします。こうすることで荷物が軽くなり、どんどん旅がしやすくなるからです。よって、持ち歩くマップは安くて、いつでも捨てられるようなものが最適です。

ガイドブックなどもとても重いので、何冊も持っていくことはすすめません。必要なところだけをコピーして最低限だけ持っていけば十分でしょう。ただし、観光地でないところのマップは手に入りにくいので、このようなところを訪れるなら、世界一周旅行の前に印刷物を用意した方が良いです。

Valuable information

2017/4/13 更新