目指せ世界一周!

リンクシンドローム

世界一周旅行にかかる期間

世界一周旅行と言っても細かく滞在するなら、数週間で終えることも可能です。東南アジアの何ヵ国かを数日で周り、インドを数日で周り、中東、ヨーロッパ、アメリカなども数日で周り続ければ数週間で終えられます。このような旅の仕方だと、世界一周をしていますが、とても大雑把な滞在になってしまいます。

細かく色々なところに滞在したいなら1年程度はみておいた方が賢明です。細かく期間設定をすることはできないし、大雑把に予定を立てておかないと、予定通りに旅行ができなくなります。陸路で国境越えができる国は航空券を買う必要もないので、現地で臨機応変な対応をし、滞在期間を決めると良いです。飛行機に乗る必要があるところをざっくりと決め、そこまでの期間を決めておけば十分でしょう。

例えば、まずはマレーシアに飛び、シンガポール、タイ、カンボジア、ベトナム、ラオスを2ヶ月で周遊して、タイからインドに飛ぶというような予定の立て方が最適です。

世界一周旅行の期間について

  世界一周旅行を行うには、かなりの期間を要します。その多くは豪華客船での世界一周旅行ということになるのでしょうが、それまで、我が国には豪華客船と呼べる船が全く無かったため、また、ゆっくり船旅を楽しむといった風習も皆無であったためか、造られることはありませんでした。

  しかし、ここ二十年間の間で、我が国を巡るクルーズ業界の状況が変わり始めました。まず最初に客船・飛鳥が登場したことが大きな一歩となりました。この飛鳥の登場により、多くの悠々自適に過ごされているかたが船旅を楽しむようになり、半年以上の期間をかけて、世界一周旅行といったことも珍しくはなくなりました。

更に、カリブ海クルーズを行っていたクリスタルハーモニーを改造した飛鳥兇誕生したことにより、我が国も豪華客船大国の仲間入りを果たすことができたと言えるのではないでしょうか。世界一周旅行は、今後益々、バリエーションが増えると共に、その期間も長期化してくるのではないでしょうか。

recommend

結婚祝い プリザーブドフラワー

最終更新日:2017/9/13